本文へスキップ
庭園・原生地
庭園
  • オープン・ガーデン & お庭訪問
      1.水谷邸お庭訪問記(三鷹市

  • ナーセリー紹介(国内・海外)
     国内ナーセリー
       *野田園芸


     海外ナーセリー

2009年○月○日  第10回 ○○セミナー

<<ニュージーランド南島・クリスマスローズを求めて!花の旅>>(続編)

*Clifton Homestead Nursery(クリフトン・ホームステッド・ナーセリー)2009.9.20
今回の旅の大きな目的一つ、ナーセリー訪問を実現できた。Clintonの北10キロの所にあり、回りはすべて羊の放牧が行われているのどかなナーセリーは、青空がとても似合う素晴らしい所であった。
オーナーご夫妻はとても気さくでヘレボルス談義に花が咲いた。このナーセリーはH.niger(ニゲル)の‘White Magic’”を広めたことでも有名である。桜が丁度満開でニゲルは終っていたが、アーグチフォリウスやハイブリッドはダブルを含め元気に咲いていた。

(クリフトン・ホームステッド・ナーセリーのオーナー宅とそのお庭)




(同ナーセリー作出のH.ニゲルの名花”ホワイト・マジック’’)



*Queens Park(クウィーズ・パーク)2009.9.21
Catlinsを出発してインターカーギル(Intercargill)にあるQueens Parkは、80万uの広大な公園で園内にはバラ、シャクナゲ、アザレアなどがある。クリスマスローズのハイブリッドも数多く見られ、原種アーグチフォリウスの大株は特に印象的だった。



(H.アーグチフォリウス)





*Queenstown Gardens(クウィーズタウン・ガーデンズ)2009.9.23
9月22日は、ミルフォードサウンドに行き、一日クルーズでフィヨルドを楽しみ、翌23日は朝からQueenstown Gardensを見学(クリスマスローズは発見できず)した後、Queenstownの絶景の景色を一日堪能した。2日間、クリスマスローズとは無縁の日を過ごしたが、景色は最高だった。










*Ashburton Domain & Gardens(アシュバートン.ドメイン&ガーデンズ)2009.9.25
クライストチャーチに戻る途中で立ち寄ったAshburton Domain & Gardensでは、ハイブ
リッドの他、H.foetidus(フェチダス)が多数植栽されていた。





(H.フェチダス)


(シャクナゲ)

*Riccarton House & Bush(リッカートン ハウス&ブッシュ)2009.9.27
クライストチャーチ市内でもクリスマスローズの植栽がある所は多数あり、Riccarton House & Bushに植栽されたハイブリッドはすでに花はなく椿の花びらで覆われていた。



(カルフォルニア・ライラック)



後記:
ご存じのように2011年2月にクライストチャーチの大聖堂を含む市の中心地は大きな
地震に見舞われ、建物の被害に止まらず日本人留学生を含む180名を超える方々が
犠牲になりました。
2012年11月現在の今も中心街の一キロ四方は立ち入りが制限されています。
しかしながら、幸いにも前述のモナ・ベイルやクライストチャーチ植物園は大きな影響もなく
公園内の散策にもまったく問題がないと市内在住のNZの友人から連絡がありました。
一日も早く町全体が元の姿に戻るように願ってこのシリーズを終わりたいと思います。

野地 敏夫

2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

庭園・原生地


庭園

原生地