本文へスキップ
庭園・原生地
庭園
  • オープン・ガーデン & お庭訪問
      1.水谷邸お庭訪問記(三鷹市)
 
  • ナーセリー紹介(国内・海外) 
     国内ナーセリー
       *野田園芸


     海外ナーセリー

2009年○月○日  第10回 ○○セミナー
≪ニュージーランド南島(NZ)・クリスマスローズを求めて!花の旅≫

2009年9月ニュージーランド南島を訪れ、8年振りにクライストチャーチの友人と再会するとともに
クリスマスローズのある庭園、個人のお庭、それにヘレボルス・ナーセリー(Clifton Homestead Nursery)
巡りに行って来た。
ニュージーランドは南半球で日本とは気候が逆なので寒さの残る早春でも何とかまだクリスマスローズも
残っていた。

* Mona Vale(モナ・べイル) 2009.9.16

クライストチャーチの中心地から2キロの所にあるパブリック・ガーデン(5.5ヘクタール)で入場は無料。
19世紀のヴィクトリア様式の大邸宅が川の対岸に点在しており、素晴らしい眺めである。





*Christchurch Botanic Gardens(クライストチャーチ植物園)2009.9.17

クライストチャーチの中心地にある大聖堂(The Cathedral)から徒歩15程度でいける30ヘクタールもある
クライストチャーチ植物園(Christchurch Botanic Gardens)は入場無料で一日散策が楽しめる。
ハイブリッドだけでなく原種のH. argutifolius(アーグチフォリウス)の大株(写真右下)もありお勧めの場所である。
訪問した当日は桜の大木が満開で堪能した。また、バラ園や日本庭園もあったが、バラはまだ蕾で少し早かった。





*Dunedin Botanic Garden(ダニーデン植物園)2009.9.19

クライストチャーチから南に600キロのダニーデン(Dunedin)にあるダニーデン植物園(Dunedin Botanic
Garden)では、普通の庭園では植栽されていない貴重なダブルや黒のハイブリッド、それに原種のフェチダス
(H.foetidus)の大株が見れた。ここは、クライストチャーチより寒いのでまだ咲いている株も多く見られた。
また、この植物園には、姉妹都市の小樽市がデザインした日本庭園の池もある。





*Glenfalloch Woodland Garden(クレンファロック・ウッドランド・ガーデン) 2009.9.19

ダニーデン市内から車で15分くらいの所に1871年に設立された由緒あるGlenfalloch Woodland Garden
がある。入場には、入場料にかわる若干の寄付が必要であるが、他の庭園とは趣きが異なり、野性味溢れる
庭園でクリスマスローズの植栽(写真下)もあった。




野地 敏夫

2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

庭園・原生地


庭園

原生地