本文へスキップ
庭園・原生地
庭園
  • オープン・ガーデン & お庭訪問
      1.水谷邸お庭訪問記(三鷹市)

  • ナーセリー紹介(国内・海外)
     1. 国内ナーセリー
       *野田園芸
       
        *花郷園
  •   2. 海外ナーセリー
       *ジョンズ・ガーデン(アシュウッド・ナーセリーズ
2009年○月○日  第10回 ○○セミナー

お庭訪問記・・・水谷邸(三鷹市)

井の頭恩賜公園に近い閑静な住宅地にある協会員の水谷邸(写真A)を2013年3月に訪問しました。お庭の管理をされているのは、お父様の園芸好きの血を引き継いだ水谷園子さんです。

(写真A)

このお庭は、“ランドスケープ・ガーデン”を学んだご本人自らデザインされて造られたそうです。山野草の会にも所属されている水谷さんは、クリスマスローズ、バラ、クレマチスなどと共に山野草もあちこちに植栽されて素敵なガーデンを造られました。
今では、年に2回(3月、5月)のオープン・ガーデンも開催しており、今年で14年目だそうです。私が訪問したのは、今年の最初の開催日(3月23日(土))の少し後でしたが、当日は3時間で約100名のお花好きの方々が集まられて、お茶を楽しみながらお庭を堪能されたようです。
伺った日は、3月後半だったのでクリスマスローズもそろそろ終わりに近づいていましたが、まだ何株かは咲いていました。地植えのクリスマスローズ(写真B)だけでなく、お庭のあちこちにハンギング(写真C)を含む鉢植えの株(写真D、E&F)も配置されていました。

(写真B)


(写真C)

  (写真D)

(写真E&F 画像の上でクリックすると拡大画像になります

特にゴールドと交配されたようなピンクのニゲル?と思われる株(写真G)は私の目を引きつけました。

(写真G)

ご本人に伺うと原種がお好きで、その中でも特にH.ニゲル、H.フェチダス、H.トルカータス、H.アトロルーベンスがお気に入りだそうです。

これからは、入口正面にある大株のツルバラ(写真H&I)が咲き誇ることでしょう。
その姿が目に浮かぶようです。


(写真H&I)

水谷さんと言えば、クリスマスローズの展示会でもクリスマスローズを含む素敵な寄せ植えの鉢の展示(写真J)を毎年出品されていて、いつも私も楽しみにしています。これからも飽くなき探求心と変わらないお花への情熱と愛情で一層素敵なお庭を造られ、今後もオープン・ガーデンなどを通じてお花仲間の輪が益々広がることを期待しております。

(写真: 2013年神代植物公園 クリスマスローズ展にて撮影))

(写真&文責: 野地 敏夫 2013年4月記)


   *水谷邸オープン・ガーデンのお知らせ* 
      
   



        
 
*今年(2019年)から、水谷邸のオープン・ガーデンは、
年一回で5月の第一土曜日(雨天の場合は、翌日の日曜日)となります。

2019年のオープン・ガーデンは、終了いたしました。

また、従来初めて訪問をご希望される方は、協会事務局にメールでお問い合わせを
頂いておりましたが、事情により今後は協会を経由することなく直接ご訪問ください。
協会からは、日程のみの連絡(掲載)となりますので、ご了承ください。
 (基本的に大人数での訪問でない限り、水谷邸への事前のご連絡は不要です)

住所:〒181−0013
    東京都三鷹市下連雀1−35−5
行き方:吉祥寺駅南口(マルイの前から乗車)から小田急バスに乗車して3つ目の
”万助橋下車”です。(バスを降りたら、進行方向に向かって右側=道路を挟んで反対方向)に渡り徒歩ですぐです。

園主: 水谷 園子
自宅TEL: 0422−45−1408

      

2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

庭園・原生地


庭園

原生地