本文へスキップ
栽培方法
自分流・栽培のコツ
2009年○月○日  第10回 ○○セミナー
<<私のH.ヴェシカリウス栽培法>>

 初めに
クリスマスローズに対する知識の乏しい私が、皆様の参考となり得る様な事柄を述べる立場にはありませんが、平成20年(2008年)、池袋サンシャインで開催の「クリスマスローズの世界展」で購入したH・ヴェシカリウス1株が7年を経過し、ようやくその花を見ることができましたのでご報告させて頂きます。
 当初購入時の苗の大きさは記憶しておりませんが、現在5号深鉢で平成27年(2015年)3月に初花が見られましたが種の採取にはいたりませんでした 。

(3月の開花状態)


(5月の種付の状態)

 つきましては栽培内容の概略を以下に記させていただきます。
 
○ 灌 水
   灌水は一年を通して鉢の表面が白く乾いた時に鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えますが、季節により鉢土の乾燥具合が異なりますので様子を見ながら灌水します。冬は凍結を防ぐために夕方はなるべく控えます。

○ 肥 料
錠剤肥料プロミック(クリスマスローズ用)を鉢表面に置肥し、また液体肥料(ハイポネックスの約1,000倍)を苗の成長に合わせて適時与え夏季の肥料は控えます。

○ 鉢の置き場所
通常は建物東側の軒下の棚に置き、夏季は直射日光を避けるため建物北側の軒下の棚に移動します。特に遮光はいたしません。冬には凍結防止めため夜間にはよしずを掛けますが凍結することもあります。

○ 鉢替え
鉢は当初から駄温鉢を使用し、鉢底には鹿沼土の大粒を入れ排水性を高めます。植え替えは根の充実を図るため7年の内2回行いました。

○ 鉢植え用土
鉢植え用土は、私がH・チベタヌス用に配合したものを使用します。
尚、用土の配合比は以下のとおりです。

赤玉土小粒・・・・2
鹿沼土小粒・・・・2
軽石小粒・・・・・2
鹿沼土中粒・・・・1
腐葉土・・・・・・2
くん炭・・・・・・1
 ※ この中に根ぐされ防止剤600g(ゼオライトまたはミリオン)と暖効性肥料40g(マグアンプKの中粒)を加えたものを用土とします。


(11月の芽だしの状態)

以上が私の栽培記録です。雑駁ですが皆様の参考の一つになれば幸いと存じます、このような報告の場を設けて頂きましたことを改めて心より感謝申しあげます。

木村 陽子


2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

栽培方法


基本的な栽培方法

地域別の栽培方法

原生地に学ぶ原種の育て方

自分流・栽培のコツ

病気と害虫

クリスマスローズの新たな試み