本文へスキップ
活動内容

10周年記念行事

2009年○月○日  第10回 ○○セミナー
日本クリスマスローズ協会 創立10周年を迎えて
会長 畑中孝晴

日本クリスマスローズ協会は、この度創立10周年を迎えることとなりました。
この間、神代植物公園での展示会、講演会、貴重品種の配布、会員交流会に加えて、ヨーロッパの原産地を
3回にわたって視察いたしました。また、平成15年からは池袋のサンシャインシティで「クリスマスローズの
世界展」を開き、この花の魅力を多くの方々に知って頂くことが出来ました。
これも、会員をはじめ関係の皆様のご協力の賜物と感謝いたしております。

わが国は江戸時代から園芸が大変に盛んで明治になってからは、多くの新しい植物が世界各国から導入
されました。
クリスマスローズは花の乏しい冬に咲き、茶花にも通じる日本人好みの花なのに、あまり普及しなかったのは
何故なのか、不思議な感じがいたします。

最近、ようやく一般の花店やホームセンターでも苗や鉢物が売られ、公園の植栽、切花も目にするように
なりました。しかし、日本でのクリスマスローズは、メリクロン苗や八重咲きなど多彩なものになってきましたが、
まだまだ新しい花といえます。
今後、技術開発が進み、花が上を向く品種や暮れの商戦に間に合うような立派な鉢物が出来てくれば
さらに消費が伸びていくでしょう。

当協会が主催する神代植物公園やサンシャインシティの催しでは、珍しい原種の原産地別展示や育成
されたばかりの新品種の出品、栽培相談やミニ講演会など大変勉強になると好評です。勿論、苗や
関連グッズの展示、販売もあり、いつも大変な盛況です。

最近では会員の栽培技術も向上し、プロ顔負けのものも出品されるようになりました。また、大変難しい
原種の栽培に挑戦したり、自ら交配して新しい品種を作出したり、会員には大変意欲的な方もおられます。

10周年を期に、会員の方々に一層喜んで頂けるように、また外に向かっても開かれた協会となるよう
努力して参りたいと思います。
皆様のご指導とご協力をお願い致します。
2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

活動内容


展示会

総会

講演会

クリスマスローズの夕べ

国内旅行

海外研修旅行

会報発行

会員向けサービス

協会員の地域活動

10周年記念行事