本文へスキップ
原種・用語解
栽培用語
2009年○月○日  第10回 ○○セミナー
≪クリスマスローズ栽培用語集≫

クリスマスローズ
「クリスマスローズ」の名称はヘレボルスの原種ニゲルに対しての名前で、ヨーロッパなどキリスト教の国々
では、クリスマスの頃に花を咲かせるので「クリスマスのバラ」と言われて親しまれている。
国内ではヘレボルス属の原種・交配種全体に対する総称とされている。


ヘレボルス(ヘレボラス・ヘレボレス)
キンポウゲ科ヘレボルス属の植物で、主にヨーロッパを中心に自生していて、分類上幾つもの茎を伸ばし
頂点に花を咲かせる有茎種と、地際から幾つもの花茎を伸ばし花を咲かせる無茎種がある。
国内では原種・交雑種ともに標準和名としてクリスマスローズとよぶことが多い。

自生地(原生地)
栽培されている植物ではなく、特に人の手が入らず自然の状態でヘレボルスの原種などの植物が生育して
いる場所を指す。

ニゲル(ニガー・ナイガー・ノイガー)
ヘレボルス属の無茎種の一種でヨーロッパ中部に自生してい種類で花色は白一重。一般にはクリスマスローズ
と呼ばれ多くの人々に好まれている。

無茎種
ヘレボルス属の分類の一種で、茎の基から花茎や葉になる茎を伸ばし生育する種類。
トルカータス・チベタヌス・オドルス・オリエンタリスなどの原種があり、市場に流通しているヘレボルスハイブリッド
は無茎種のものが多い。

有茎種
茎の基から多くの茎を伸ばし成長をし、その茎の先端に花を房状に咲かせる種類のヘレボルスをいう。
原種のフェチダス・リヴィダス・アーグチフォリウスなど。


交配種・交雑種(ハイブリッド)
多くの原種を両親にして人工的に作られてきた種類・品種。

原種
栽培種の基礎になった種類。野生状態での草。分類上16種のヘレボルス原種が知られていたが同一種と
されていた種が分かれたりして、新たに芳香のあるリグリクスなどが追加され現在では20種とされている。


株分け
年数がたち大きくなった株を軸元で細かく分け、新たに生育をはかること。

植え替え
特に株の根つまりや用土不足を避けるため、大きな容積の鉢や場所に替えることを指す。

萼片
ヘレボルス属の花とされているものは、本来花弁を包んでいる萼が変化したものである。

ダブル(八重)
もともと一重の花が咲くヘレボルスだが、花弁(萼片)が多弁化しているものをさす。
ダブルの系統には主としてオリエンタリス系のものとトルカータス系のものがある。


セミダブル(半八重・アネモネ咲き)
退化しネクタリーとなった花弁が、元の花弁の状態に戻ろうとして大きくなった状態の花をいう。

シングル(一重)
五枚の花弁(萼片)を開かせるタイプのヘレボルスをいう。

狂い咲き
国内でのクリスマスローズの開花時期は、地域のもよるが通常1月から4月にかけてで、その他の季節に
花が咲いてしまうことをいう。開花の時期を間違えて咲いた花は形や花色も本来の咲き方ではない。

自家受粉(セルフ)
株が自分自身の花粉で受粉し種子を結ぶことをいう。

他家受粉(クロス)
遺伝的に異なった株同士を交雑させることをいう。

ネクタリー(蜜管)
ヘレボルス属本来の花と言われている部分で、雌しべと雄しべを丸く包んで管のように見える部分をいい
ネクタリーの色は黄色・白・緑・赤紫など様々ある。


播種
種を土の中や鉢に蒔くこと。

発根
こぼれ種や播種されたクリスマスローズの種の殻が割れ根が発生すること。通常の場合で11月末頃から
12月にかけて行われている。

発芽
蒔かれた種から根を発生させ双葉が現れること。

花芽形成
春から成長し充実したクリスマスローズが翌年に咲かせる花の元を作ること。
通常春に花を咲かせるものは夏に花芽を作ると言われていて、クリスマスローズの無茎種では草の根と茎の
境目に、有茎種では春から伸びた軸の頂点に花芽を作る。

バルカン半島
ヨーロッパ中南部の地中海に面している大きな半島。
ユーゴスラビア・クロアチア・アルバニア・ギリシャなどの国がありヘレボルスの原種ムルティフィダス・
アトロルーベンス・トルカータスなどの自生地が多く見られる。

ヘレン・バラード
ヘレボルスの女王とも呼ばれ、クリスマスローズ無茎種の育種に大きな功績を残し、彼女が育種した
ハイブリッドはイギリスやドイツなど、世界各国のヘレボルスハイブリットの育種親に使われている。

エリザベス・ストラングマン
イギリスでワッシュフィールド・ナーセリーのオーナー。
モンテネグロでトルカータスの八重を発見し、パーティドレス系ダブルの育種に功績を残している。

ロビン・ホワイト
ストラングマンさんが発見したトルカータス系ダブル・ディドを育種親に使いパーティドレス系ダブルの発展に
尽くしている。


若泉克志
2009年○月○日  第11回 ○○セミナー

原種・用語解説


原種の種類と特徴

原種フォトギャラリー

カタカナ表記の統一見解

栽培用語

コラム